汗がアンモニア臭い!それはもしかしたら肝機能が低下しているかも!?

汗がアンモニアのようなニオイがする

このような経験をしたことのある方はいらっしゃいますか?

アンモニアは内臓で分解されるため、汗からアンモニア臭なんて普通はありえません。

しかし、アンモニアが分解されずに汗に溶け込んで出てきているとしたら・・・

それは肝機能の低下を意味しているかもしれないのです。

 

アンモニアは主に肝臓で分解される

主にアンモニアは肝臓で分解されるのですが、それが正常に行われないと

汗などにまじって体外に排出されてしまうようです。

アンモニアが水分に溶けやすい性質をもっているために汗に溶け込んでしまうのが原因とされています。

肝臓の主な働き

この肝臓というのは、体外から入ってくるものもそうですが、

体内で発生する化学物質などを分解し、解毒して無害な物質に変換する臓器です。

簡単にいえば「ろ過」装置ですね。

この肝臓が機能低下した場合、当然アンモニアの分解も出来なくなるわけですから、

アンモニア臭の汗が出てくる可能性があるということです。

もし、心当たりのある方は、一度病院(内科)を受診する事をおすすめします。

肝臓を悪くさせるのはアルコールだけではない

肝臓機能低下の原因として有名なのは

お酒の飲み過ぎですが、実はそれだけではありません。

他にも肝機能低下の原因はあります。特別な事ではなく、よくあり得るのが暴飲暴食です。

 

特に年末年始などは、たくさん食べて、たくさん飲む機会が多いのではないかと思いますが、

体内に入った食べ物や飲み物は消化される過程で、

化学物質に変化されて、必要な栄養素として吸収されます。

 

この時に、どうしても体内では毒になってしまう物質が発生してしまいます。

そのような、物質を解毒・分解してくれているのは肝臓なのです。

肝臓は沈黙の臓器

肝臓が重要な臓器である事が分かって頂けたと思いますが、

肝臓は、「沈黙の臓器」と言われ、機能が低下してもギリギリまで症状が出ないという特殊な内臓です。

因みに腎臓も同じだと言われています。

 

この肝機能低下が起きると、体臭がアンモニア臭になったり、

口臭からもアンモニア臭がしたりします。

さらに機能が低下すると、

体内で発生するビリルビンという黄色い物質があるのですが、

それも分解処理できなくなり全身が黄色くなったりします。

特に目の白目や手のひらが黄色くなります。

そこまでいけば気付きやすいと思いますので、

このような自体になったらかなり病状が進んでいる可能性がありますので、すぐに病院を受診して下さい。

アンモニア臭を感じたら病院へ

出来ることならこうなる前に、病院を受診する事をおすすめします。

自分はお酒飲まないし、暴飲暴食もしないから大丈夫だと思っていても、

肝臓はいろいろな物質を分解・解毒しています。

例えば風邪を引いてかぜ薬を飲んだとか

漢方薬を飲んだという時にも急激に肝機能が低下する場合があるのです。

薬が体に合わないといった場合に体から反応が出るという

アレルギー反応も人によってはありえますし、そういった場合も肝機能は低下します。

また、肝炎ウイルスに感染した場合にも同様のことが起こりますのでご注意下さい。

体臭と病気の密接な関係 このニオイってひょっとして病気!?




最新情報をチェックしよう!
>TKS63 Blog

TKS63 Blog

はてなブログのほうもやっています。日常のこと、車のこと、PCのこと、料理、家事などなど、幅広いジャンルを書いています。こちらのブログも宜しくお願いいたします。

CTR IMG