アスタキサンチンは最強のアンチエイジング成分

アスタキサンチンはビタミンEの1000倍のパワー!

紫外線やエネルギー代謝、ストレス等で体内に発生する活性酸素は、
人間の体にいろいろと悪さをします。

この活性酸素を除去してくれるのが、抗酸化成分。
抗酸化成分にはカロテノイドやビタミン、
ポリフェノール等があげられますが、
その中でもカロテノイドの一種であるアスタキサンチンは、
ビタミンCのおよそ6000倍、ビタミンEの約1000倍の力を持つ超抗酸化成分です。

アスタキサンチンとはどんなものでどのような効能があるのか?
目にもいいと言われますがルテインと比べてどうなのか?
そしてアスタキサンチンは
どんな食品に多く含まれるのか?についてご説明します。

 

アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンは、天然に存在する赤いカロテノイド色素です。
エビの仲間、ロブスターから発見され、
ロブスターの別名であるAstacusから名づけられました。

自然界に600種類もあると言われるカロテノイドは、
緑黄色野菜等の植物に含まれることが多いですが、
アスタキサンチンは魚や甲殻類等、海産物に含まれ、
海のカロテノイド」と呼ばれています。

鮭が川を上ってこられるのは、
川上りの肉体的ストレスによる
活性酸素を除去してくれるこの成分のおかげです。

抗酸化力が強いので、紫外線による皮膚の活性酸素を取り除き、
光による肌の老化を抑えるので美白や美肌に役立ちます。

また脂質が酸化するのを抑えるので、
LDLコレステロールによる動脈硬化を予防してくれます。

さらに運動中の筋肉にもありがたい存在で、
グリコーゲンの消耗を防ぐとともに乳酸の発生を抑制し、
脂質のエネルギー代謝を助け、
抗酸化作用により筋肉の損傷も防ぎます。

また体内の細かいところまで入り込める性質をもっています。
多くの成分がブロックされてしまう、
脳の入り口の関門をたやすく通過してしまい、
脳の中でも抗酸化力を発揮します。

もちろん目にも、奥のほうまでしっかり届くので、
眼精疲労や眼病予防に大きく役立っています。

目への効能とルテインとの違い

パソコンやタブレット、近い距離にあるものを長時間見続けていると、
目の毛様筋という部分が硬く緊張してきて、
ピントが合いにくくなります。

眼精疲労に悩まされる被験者に
アスタキサンチン6mgを約1か月投与した実験では、
調節機能が改善したとの報告がなされています。

また抗炎症作用にも優れているので、
失明しやすい病気であるブドウ膜炎にも効果を現します。

さらに加齢黄斑変性症や緑内障の
治療にも大きな効果が期待されています。

目の健康を守る抗酸化成分としてはルテインも有名です。
人間の目には青い光が大敵。

パソコンやスマホ、タブレット、LED等から発せられるブルーライトは、
目の中に活性酸素を多く発生させてしまいます。

ルテインは目の水晶体や黄斑部に存在していて、
抗酸化作用で目を活性酸素から守ると同時に、
ブルーライトを吸収してくれる働きを持っています。

つまり、目がダメージを受ける前に、
直接その原因を防いでくれる盾となってくれるというわけです。

一方アスタキサンチンは、その強力な抗酸化作用で、
なんと、受けてしまったダメージも回復する効果を持っています。

眼精疲労や眼病の予防にはルテインだけでもいいでしょうが、
症状が出始めたら医者に行くとともに
食事やサプリでアスタキサンチンを積極的に摂取しましょう。

老眼で目が霞む!そんな方におススメの3つの成分

 

アスタキサンチンを多く含む食品等

アスタキサンチンは、鮭やマス、キンメダイ、タイ、
メバル等の魚の他、イクラにも多く含まれています。
また、カニやエビ、オキアミ等にも豊富に含まれます。

また、黄味がオレンジ色のオキアミを与えて育てた
めんどりの卵というのも出回っています。

さらに最近注目されているヘマトコッカス藻は、
自力でアスタキサンチンをつくることのできる植物プランクトン。
高濃度で合成できるので、
大量に培養することでサプリメント等に活用されています。

普段の食事から摂取するには、やはり手軽で安いサケが一番。
サケの中でも、身の色が赤ければ赤いほどいいです。

ちなみに産卵前の鮭は、
イクラにアスタキサンチンをとられて赤みが薄い傾向にあります。
またオキアミもオススメです。

バナメイエビ等よりも赤いですし、
かき揚げ、チャーハン、お好み焼き、焼きそばと、
使い勝手もすこぶる良いです。

ぜひとも安いときにまとめ買いをして冷凍庫に保存しておきましょう。
また、脂溶性のカロテノイドなので、
油と一緒に調理すると吸収されやすいメリットがあります。

ただ、忙しい人やあまり料理が得意でないという人にとっては、
食品から頻繁に摂取するというのは難しいもの。
そんな時は手軽にサプリを利用するといいでしょう。

まとめ

活性酸素を打ち消してくれる強い味方のアスタキサンチン。
若返りのビタミンとも呼ばれている
ビタミンEのおよそ1000倍の抗酸化作用を持つこのカロテノイドは、
皮膚を紫外線から守り、健康的な美肌を作ります。

また同時に体内の脂質の酸化による動脈硬化を予防し、
目や脳にまで入りこんで活性酸素の害から私たちの体を守ってくれます。

免疫力を抜群に高め、アンチエイジング効果抜群のこの成分は、
鮭やオキアミ等の身近な食材からたっぷり摂ることができますが、
時間のない人でもDHCなどから出ているサプリメントなら一瞬で補うことができちゃいます。
アスタキサンチンを習慣的に摂取して、川を上る鮭のように、元気な毎日を送りましょう!

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村


最新情報をチェックしよう!
>TKS63 Blog

TKS63 Blog

はてなブログのほうもやっています。日常のこと、車のこと、PCのこと、料理、家事などなど、幅広いジャンルを書いています。こちらのブログも宜しくお願いいたします。

CTR IMG