副業で電子書籍をオススメしない理由

副業で電子書籍はいいの?悪いの?

電子書籍を副業としようとしている人がいるかと思います。

どんな副業なのか興味がある方もいるかと思いますが、

基本的にはオススメしません。

  • なぜ電子書籍をオススメしないのか?
  • 電子書籍を副業でやるメリット・デメリット

今回は副業で電子書籍をオススメしない理由をまとめました。

副業で電子書籍とは?

Amazonで電子書籍をわりと簡単に出すことができます。

本を作るのは難しいですが、

データをアップロードするだけで本を出版できるのでがメリットです。

ただ、電子書籍はオススメではありません。

それは一体なぜなのでしょうか?

副業で電子書籍をオススメしない理由

副業で電子書籍をオススメしない理由は

  • 有名になるのが難しい
  • とにかく数を出さないといけない
  • 他の副業の方がいい

これらの点が挙げられます。

有名になるのが難しい

まず1つ目の理由は有名になるのが難しいという点です。

電子書籍で稼ごうと思ったら、有名になってかなりの数を売っていかないといけません。

ただ、それはかなり難しいです。

  • 最初はなかなか売れないし、有名になるのは至難の技
  • SNSなどで評価を集めていって、それを本の販売につなげるなどの工夫が必要
  • 正直、難易度が高い

電子書籍はライティング技術がもろに問われてきますので、難易度としてはかなり高いと言わざるを得ません。

とにかく数を出さないといけない

まずは数を出さないといけないのが大きな欠点です。

本を出すとなるとそれなりの文字数が必要になってくるわけですが、それでも最初はとにかく量産していくしかありません。

  • 本を書くスピードを上げる
  • 質を上げるために量をこなす

などが必要になってくるので、かなり大変です。

もちろん一発目の作品で売れる可能性もありますが、そう簡単ではないのが正直なところ。

最初数をこなすのはいいですが、

それでいて難易度が高いとなると力を注ぐところではないのかなというのが正直な感想です。

他の副業の方がいい

正直、他の副業の方がいいです。

電子書籍に力を注ぐなら、SNSやブログをしっかり頑張って、そこから収入につなげた方が効果的。

  • ブログ運営
  • SNSからの集客
  • YouTube

このあたりでまずは人気を出していき、そこからいろんな収入につなげていく方が手っ取り早いと言えます。

副業は何を選ぶかで大きく成果が変わる

副業は何を選ぶかで大きく成果が変わってきます。

  • ブログ運営をする
  • YouTubeをする
  • ライターをする
  • 電子書籍をする
  • 投資をする
  • ハンドメイドをする

いろんな選択肢がありますが、一番の大きく化ける可能性があるのがブログとYouTube。

電子書籍はブログかYouTubeが育った後に作って、

そのブログ・YouTubeに貼り付けるのが最もいい戦略です。

育ったメディアを活用して、電子書籍を販売するのがいいでしょう。

まとめ:副業で電子書籍オススメしない理由

副業で電子書籍をオススメしない理由を今回はまとめました。

電子書籍をオススメしない理由は

  • 有名になるのが難しい
  • とにかく量をこなさないといけない
  • 他の副業の方がいい

これらが大きな理由です。

電子書籍は難易度が高いので、

他の副収入をしっかり得てから取り組むようにしましょう!

 

最新情報をチェックしよう!