引っ越し前のトラブル回避 見積もり~梱包

引っ越し前のトラブル回避

引越しというのは、順調に進んだとしても、

たくさんの時間や手間をとられる大変な作業ですし、

その期間は不便な生活を覚悟しなくてはいけません!

 

ですからトラブルなどあると、とてもストレスを感じるものです。

スムーズに引越しを終えるために、

見積もり段階での確認をきちんとしておきましょう。

 

見積もり段階

まず、見積もり料金は「何に対しての金額か」をはっきり理解し、

記載されている内容が理解できなければすぐにその場で質問しましょう。

引越し専門業者でしたらわかりやすいのですが、

地元の運送会社に頼む場合などは特に、

部屋の中まで運び入れて設置してもらえる料金なのか」を必ず確認しましょう。

冷蔵庫と洗濯機だけ、

のように重くて一人では運べないものだけを頼む場合、

引越し先が近いのなら地元の運送業者さんが安いという場合もあります。

ただ、その場合どこまでしてもらえるのかをしっかり確認する必要があるのです。

 

 

梱包が大変!

私がエプロンサービスをしていていちばんよく目にしたトラブルは、

梱包が間に合わない」ということです。

例えば、

ワレモノの多いキッチンだけをエプロンサービスに頼み、

そのほかは自分でする気でいても、慣れない作業で思いのほか時間がかかってしまい、

トラック到着時刻に間に合わなかったというものです。

特に、生活している場所からの引越しですと、

これはまだ使うから」と、

使うものを梱包しないでいて後で大変になる場合があります

面倒でも不便を覚悟で、どんどん梱包する必要があります。

 

梱包の必要がないと思われるものは?

梱包が必要ないものがあると思っている方も要注意です。

トラックに乗せて運ぶためには、

自転車などの他はすべてのものに梱包が必要です。

例えば、玄関先にある傘です。

すべてひとまとめにして、ひもで結んで一度で運べるようにします。

(とにかくなんでも運搬しやすいように工夫すると良いですね)

 

お風呂場のまだ濡れているもの

これはゴミ袋などのビニール袋を、

段ボール箱の上を開けたままにした状態のもの

(ふたになる部分はガムテープを貼って箱の形にします)に入れて、

その中に入れていきます。上が多少はみ出していても一度で運べるようになります。

 

梱包は落ち着いてよく考えること

急いで慌てて梱包すると、とにかく詰め込んでしまい、

下の方に入れたものが破損してしまったりと言うこともありますから、

時間に余裕を持って、使わないものからどんどん梱包してしまい

当日片付ける必要のあるのものは段ボール一箱~二箱くらいにしてあるのが理想です。

 

もしものためにケチらないほうがよいかも

節約を意識するのも大切ですが、

トラックの出発に差し障るようなトラブルを起こすくらいなら、

エプロンサービスを入れた見積もりも出してもらって、よく検討した方がよいでしょう。

また、破損のトラブルもとても多いです。

運送中の破損についても、

自身で梱包した場合はどこまで保証してもらえるのかを確認しておきましょう

 

引っ越しでのベストな選択の一つ

個人的意見ですが、

大きな家具は新調して引っ越し当日に配送をお願いするなどすれば

引っ越し費用を抑えられることが出来ます

あと、新居に新品を使用するって気分が良いですよ!

 

こちらもチェック!引っ越しの下請け企業について。




スポンサー



スポンサー
最新情報をチェックしよう!
>TKS63 Blog

TKS63 Blog

はてなブログのほうもやっています。日常のこと、車のこと、PCのこと、料理、家事などなど、幅広いジャンルを書いています。こちらのブログも宜しくお願いいたします。

CTR IMG