引っ越しって業者に頼んだ方が良いの?それとも自分でしたほうが得?

業者頼みか?自分でするか?

あまり引越経験のない人は、

どこまで自分でできて、どこまで依頼したらいいのかを迷われると思います。

自分で梱包して、自分で運ぶのがもちろんいちばん引越し費用がかからないと思いがちです。

しかし、単身者の荷物の場合などは宅配便や赤帽、

地元の運送業者に頼んだ方がお得になることもあります。

レンタカー代も意外と費用がかかる

トラックをレンタカーを借りてする場合などは、

レンタカー代金がかかるほか、ひとりで持ち上がらない荷物がある場合(冷蔵庫やソファなど)は友人知人に頼んだりすれば、

それなりにお礼をしたりもするでしょう。

そういう諸々を考えると、小さな引越しは各社の単身パックなどを比較した方が楽な上にお得ということもあるのです。

私は過去に友人にレンタカーを借りて貰って引っ越しを自身でやったことがありましたが、

レンタカー代が35000円ほどかかり、結局業者に頼んでも大差のない費用になってしまったことがあります。

労力も考えたら確実にマイナスですよね(笑)

 

家族の場合

ご家族の引越しなどある程度の荷物がある場合、

その荷物の梱包作業にかなりの時間と労力をとられると覚悟した方がいいでしょう。

引越しに不慣れな人ほど、

「これはまだ使うから」と最後までいつも通りの生活をしようとします。

すると、ただでさえ引越しの梱包に不慣れなのですから、

引越しの直前になってバタバタし、

徹夜をしたりそれでも間に合わないなどということになりがちです。

自分で引越し荷物を梱包するという覚悟ならば、引越しをキャンプなどと同じように、

不便を楽しむ特別なレジャーだと思って楽しんでください。

食器の梱包

食器を割れないように梱包していくのは思いのほか時間がかかるものです。

引越しの前後は紙皿や、数枚だけ残した皿で過ごすくらいの気持ちで

どんどん片付けていきましょう。

 

不便になったらもう不便を楽しんでください(笑)

すると、自然と引越しストレスは少なくなり余裕があるせいでトラブルも少なくなります。

 

衣類の梱包

衣類も同じです。

まだ着るかもしれない、といつまでも出しておかず

梱包の必要な物はどんどんしていきましょう。(断捨離も考えながら!)

自分で梱包する場合、引き出しのあるタンスの中身をすべて段ボール箱に詰めるのは手間がかかります。

引越し先でも同じように今度は開梱して引き出しに戻すという作業が加わります。

ピアノの運搬からヒントを得たという、サカイ引越センターの場合、

引き出しの中身はそのままで重いタンスを運んでくれます。

自分で梱包する場合、そうしたサービス内容もよく調べた方が良いでしょう。

 

女性の引っ越し

女性ひとりでの引越しも、引き出しの中の物を出さずにそのまま運んでもらえるというのは嬉しいサービスです。

貴重品がないかだけしっかりチェックして、タンスごと運んでもらうのはオススメです。

ではどういった場合に梱包までのすべてを依頼するのでしょうか。

それぞれの引っ越し費用がもちろんいちばんの要因ではありますが、

例えばまだ手のかかる、

目の離せない小さなお子様がいる場合や介護の必要な方がいる場合、

それから上記のように明るく「不便を楽しむ!」って思えなくて気が重い場合などは、

後々のことを考えて、

多少の出費でもエプロンサービスまですべて頼んで、

引越しのストレスを溜めない方が良いと思います。

引っ越し後もやることが

引越しの運搬は1日のことでも、

その前後数週間は不便な暮らしになりますし、

役所への手続きなどすることもたくさんあります。

引越経験の多い私ですが、極度の方向音痴でもあるため、

引越し先の近所の道を書き留めるのも毎回の大きな仕事でした。

「市役所まで」「ホームセンターまで」「学校まで」といったふうに、

まったく見知らぬ土地で暮らすには、道を覚えることだってストレスのひとつになり得ます。

だとしたら引越し自体はプロに任せて、

自分は自分にしかできないことをする、というのも決して無駄なお金の使い方ではないはずです。

これこそまさに時間をお金で買うということです!

特に家族の場合、母親にかかる負担はとても大きく

家の片付け、各種手続きなど疲れてきてイライラすると、

子供にとっても良くないですし、夫婦間も嫌な感じになりがちです。

「引越しを皆で楽しみたいから、楽しむまでは行かなくても、

酷いストレスにはしたくないから」と家族にお願いして、エプロンサービスをつけてもらうのも、

節約しすぎて家族が嫌な思いをするよりかはずっと良いでしょう。

 

引っ越しは自分が思っているよりもずっと疲れるものです。

出来るだけ計画的に余裕を持って実行していきましょう。

引越しの準備・手続き「引越しの見積もりについて」




スポンサー



スポンサー
最新情報をチェックしよう!
>TKS63 Blog

TKS63 Blog

はてなブログのほうもやっています。日常のこと、車のこと、PCのこと、料理、家事などなど、幅広いジャンルを書いています。こちらのブログも宜しくお願いいたします。

CTR IMG