引越しの準備でやるべきこと 家族での引越しの場合

家族で引越す場合のやるべき準備

 

転居が決定してから引越の当日まで、うっかり普通の日々を過ごしてしまい、

引越し直前になって「時間が足りないわ!!」と慌てないために、

ご家族の引越しの場合、引越しまでにしておくべきことをピックアップしてみました。

できることからはじめて、余裕を持った引越しをしましょう。

エプロンサービス(梱包)を頼まない場合

トラックへの積み卸しと移動だけを引越し業者に依頼した場合、

引越当日にはすべて段ボール箱に詰めてあとは積み込むだけにする必要があります。

見積もりに段ボール箱が含まれていない場合は、

節約のためにも環境のためにも、

まずは使用済み段ボール箱の調達からはじめましょう。

 

使用済みと言っても、汚れていたり破れていたりすると、

中身の破損や汚れ、また底抜けにもつながりますから、

できるだけ清潔で丈夫な段ボール箱を用意する必要があります。

ホームセンターやドラッグストアが、

いちばん引越しに適した使用済み段ボール箱がたくさんあるのでおすすめです。

紙おむつなど、清潔で重い商品が入っていたので丈夫ですし、

わりと大きめの段ボールだからです。

「引越しに使うので」にお願いすると、

お店によっては快くわけてくれます。

ホームセンターの場合は、新品の段ボール箱を商品として扱っているところもありますので、

あまりいい顔をしない場合もあります。

無料の物をわけてもらうのですから、相手が面倒そうな顔をしたり、

ちょっと困るなという空気を感じたら、謝って別の店舗に向かいましょう。

お店によっては、使用済み段ボール箱を置いておくスペースが狭いため、

「どんどん持っていってくださってOKですよ」と言ってくれ、

「声をかけなくても良いから、ここから自由に持っていって」と言ってくれたこともあるくらいです。

その場合も、できればそこで多少なりとも買い物をしてから、

段ボール箱をもらうようにしましょう。

最初にお願いするときも、買い物をしてその袋を持っていると、

「いつも買い物をしてくれているお客様の言うこと」

だと思って聞いてくれるので多少なりとも効果があるはずです。

エプロンサービス(梱包)を頼む場合

 

エプロンサービスの人が梱包に来てくれるのが、

搬出当日の朝なのか、前日なのかなど、

詳しく決めておきましょう。

 

貴重品や精密機器など、他人に任せたくない物は、

自分の移動とともに持って行ったほうがいいので、別途にまとめておきます。

あくまでも気持ちですから必須ではありませんが、

ポチ袋に入れた作業員の人数分の心付け(チップ)または

飲み物、食べ物などを用意しておくと当日慌てません。

徐々に減らしていく物

 

使っていない雑貨、着ていない衣類など、

不要な物は時間をみつけて片付け、処分していきましょう。

引越しは気持ちを新たにスタートできる格好の機会です。

引越し先で気持ちよく過ごすためにも、

今の住まいでいらないものは、売る、譲る、捨てるなどして処分した方が良いでしょう。

いつの間にか増えている本や雑誌も、見直しましょう。

書類は体積の割にとても重いので、

引越しのときはできる限り減らしたいものです。

雑誌なら必要な部分を切り抜いてスクラップしていく、

書籍は売る、譲るなどしてできるだけ減らしましょう。

 

食品も減らしたいものです。

家族で暮らしていると、缶詰、乾物、レトルト食品など、

食品のストックも意外と多いので、引越しが決まったら積極的につかって減らしていきましょう。

缶詰レシピなど調べてつくり「今日は缶詰ディナーよ!」など、

子供たちが普段と違う生活を楽しめるようにしておくと、引越しがストレスではなく、楽しいレジャーになります。

買い置きの洗剤、柔軟剤などもたくさんあるなら、

ご近所の人に引越しの報告がてらあげてしまうのも良いでしょう。

私の経験では、隣近所にそうして「引越しまでに使い切れないんだから」と新品のストックを差し上げると

「引越当日の朝食は届けるわ」などと協力を申し出てくれることもあり、とても助かります。

引っ越しの準備 梱包で気をつけるべき注意点!

子供たちのこと

引越し当日、小さい子供は正直言って作業の妨げになることが多いです。

誰か作業中に預かってもらえる人はいるか、

一時預かりの保育園があるかなど、調べておくと安心です。

転校する場合は早めに今の学校の担任に連絡し、

どのような手続きが必要か訊いておきます。引越しが、

子供にとってストレスや、悲しいことになってしまうか、

ワクワク楽しいスペシャルな出来事になるかは、親次第のところがあります。

親が「大変だ、嫌だ」と口にしていると子供たちもそういう気分になってしまいますから、

「次のおうちは部屋が増えるよ!」

とか、狭くなるとしたら

「次のおうちは公園がとても近いから楽しみだね!」

など、とにかくできる限り楽しいことを口にしましょう

引越しまではできるだけ、普通の食生活にしておくのも大切です

キッチンは引越しの前後およそ2週間はまともに使えません。

日頃野菜を多めに摂っておいて、

引越しの最中はファストフードや外食でも

「今だけだから」と思えるようにすると、親も気が楽ですね。

子供たちは、ピザやファストフード大好きですから、

普段食べていないほど、喜びます。

引越しの間はファストフード解禁!だったら、引越し好きになってくれるかもしれません。


最新情報をチェックしよう!
>TKS63 Blog

TKS63 Blog

はてなブログのほうもやっています。日常のこと、車のこと、PCのこと、料理、家事などなど、幅広いジャンルを書いています。こちらのブログも宜しくお願いいたします。

CTR IMG