引っ越しが決定!早速準備を始めたいけどどうしたら良い?

引っ越しが決まったら・・・まず引っ越し準備

引越しが決まったら、

出来ることからしていくのですが、

最初におすすめしたいのは、持っている物の片付けです。

 

引っ越しは断捨離の良い機会

新しい住居への引越しは、「断捨離」に絶好の機会です。

この機会に自分が持っているモノが自分にとって本当に必要かどうか見直しをせず、

すべて持っていくとなると、引越し先でも物の置き場に悩まされます。

その上、引越し業者に依頼する場合、物の量で段ボール箱の数、

そしてトラックの大きさも決まってきますから、

引っ越し費用まで余分にかかることになるのです。

 

ですので、決まったらすぐに

できることならお見積もり依頼の前に、思い切って「断捨離」してしまいましょう。

つまり「処分」してしまうということです

 

でもここで言う「処分」とは、

単純に捨ててしまうという意味ではなくて、

まずは「売る」(リサイクルショップやフリーマーケットなど)、

つぎに「譲る」(友人知人、家族などにあげて喜ばれるなら)、

そして、売ることもできなくてあげる人もいないというものは、ゴミとして処分しましょう。

できるだけお金に換えて、引っ越し費用の足しにしたいものです。

 

一年使用しないものは断捨離かも?

まず、クロゼットの奥や押し入れの奥、

あまり使っていない物置などにしまい込んであるモノを引っ張り出します。

例えばスキーやスノボー板など、

シーズンが来れば必ず使うというモノならば良いのですが、

あまり使わないと思ってしまい込み

そのまま1年以上使っていないというモノを処分します。

このとき、1年という期間で区切ることが、私にとっては片付けのポイントになります。

どれも自分が「必要かも」「欲しいな」と思って購入したモノですから、

愛着はあるはずなのです。ここで「また使うかも」としまい込むと、

必ず次の引越し先の住居でも奥の方にしまい込まれ、また1年以上使わないということになります。

どこかで線引きをするなら、使わなかった期間が一番わかりやすいのでオススメです。

具体的には?

例えば、デザインが格好良くて欲しいと思ったエスプレッソマシンですが、

エスプレッソマシン用に豆を挽いてもらう手間や、一度使うと洗うモノが多くて大変だったりして、

リビングにあっても1年使わなかったというモノもあります。

もちろん、そういったモノも処分の対象です。

使う時って結局最初だけ~~っていうの以外と多いんですよね。

 

私がリサイクルショップに持っていったときは、

ちょうど家庭用のエスプレッソマシンが流行し始めた頃だったので、

かなり高値で買い取ってもらえました。

家電製品は、使い方の書かれた説明書や元箱をちゃんと保管しておくことも、

高く売るためには重要です。

 

長く使わなかったモノの「断捨離」が終わったら、次は衣類です。

 

衣類も

今のシーズンでないものをとりあえず根こそぎ出してきて、昨シーズン着なかった物は徹底的に処分です。

これも、雑貨などのモノとおなじで「着るかもしれない」と思い始めたら、

どれも処分できなくなってしまうものです。

どこかで線引きをして、思い切って処分しましょう!

とくに衣類の場合「あのコート、とっておけば良かったな」などということは、ほとんどありません。

だって、次に欲しいコートは必ずあるのですから。

洋服は流行もありますから、本当に気に入ってよく着ている物以外は処分の対象と考えましょう。

ここまでで、かなりモノの分量が減ったはずです。ここまでしてから見積もり依頼するようにしましょう。

 

次回へ

 

PS 衣類ってリサイクル安いですよね~~~


最新情報をチェックしよう!
>TKS63 Blog

TKS63 Blog

はてなブログのほうもやっています。日常のこと、車のこと、PCのこと、料理、家事などなど、幅広いジャンルを書いています。こちらのブログも宜しくお願いいたします。

CTR IMG