名古屋グランパスが新記録!9年ぶりJリーグ制覇は見えた!?

新記録達成の名古屋グランパスは今シーズン絶好調!

2019年シーズンのJリーグも12節を過ぎ、中盤戦に突入しようとしていますね。

そんな中、好調を維持しながら上位につけるチームがいくつかあります。

その一つが、現在2位(5月18日現在)の名古屋グランパスです。

日本の名将ともいえる風間監督の下、攻撃的なサッカーでサポーターを魅了しています。

今シーズンの名古屋グランパスは、選手個人の高いスキルにチームとしての連動性が加わり、ゴールを量産しています。

失点も多くなく、しっかりと勝ち点を重ねている事で今の2位という結果に結びついているのです。

さらに今シーズンの名古屋グランパスは、新記録も打ち立てました。

第11節の浦和レッズ戦に2-0で勝利した結果、ホーム開幕5連勝&5試合連続無失点という記録を達成したのです。

このままどこまで記録を伸ばす事ができるでしょうか?

そして、ストイコビッチ監督が率いたチーム以来の、9シーズンぶりJ1優勝も期待して良いのでしょうか!?

参照元:名古屋グランパス公式サイト

名古屋グランパスが好調の理由は外国人選手の活躍にあり!

今シーズンの名古屋グランパスが好調な理由として、外国人選手の活躍が挙げられるのは間違いないでしょう。

その外国人選手というのはジョー、ジョアン・シミッチ、ガブリエル・シャビエル、マテウスのブラジル人です。

まず注目したいのは、ヨーロッパでも活躍した元ブラジル代表のジョーですね。

昨シーズンに名古屋グランパスに加入したエースストライカーです。

今シーズンもここまでゴールを重ね、ゴールランキング上位に位置しています。

ジョーを止める事ができなければ、名古屋グランパスに勝つ事はできないと言っても過言ではありません。

参照元:名古屋グランパス公式サイト

そして、名古屋グランパスの中盤を支えるのは、ガブリエル・シャビエルです。

シャビエルはJ2に降格した2017年シーズンの途中から期限付き移籍で加入したミッドフィルダーです。

1年でのJ1復帰に大きく貢献しました。その後も期限を延長しチームに残留。

J1でも活躍を続け、今シーズンから完全移籍で名古屋グランパスの一員となりました。

シャビエルとジョーというワールドクラスの選手がゴールに襲いかかる今シーズンの名古屋グランパス。

対戦相手に相当な脅威を与えている事がわかりますね。

参照元:名古屋グランパス公式サイト

次に紹介するのもワールドクラスの選手。

シャビエルと共に名古屋グランパスの中盤を支えるのは、

今シーズンから加入したジョアン・シミッチです。シミッチはブラジルの名門クラブ出身で、

U-20ブラジル代表に選出された経験もあるミッドフィルダーなのです。

名古屋グランパス随一のテクニシャンは、攻守にわたってチームを牽引しています。

特に前線に能力の高い選手が揃う名古屋グランパスでは、シミッチのパスから多くのチャンスが生まれるのです。

加入からここまで大きな存在感を放っているシミッチですが、

今の名古屋グランパスのスタイルにフィットしているのでしょう。

参照元:名古屋グランパス公式サイト

最後に触れるのも、先述の3人に劣らない実力を持った選手です。

今シーズンに大宮アルディージャから移籍してきたマテウスですね。

2015年からJリーグでプレーしているので、名古屋グランパスでもすぐに活躍できると思われました。

しかし、開幕前のケガもあり結果を出すまでに少し時間がかかりました。

第11節の浦和レッズ戦でようやくゴールをあげ、復調の兆しを見せましたね。

ここから、名古屋グランパスが優勝を目指すには欠かせない選手として活躍を見せてくれるでしょう。

参照元:名古屋グランパス公式サイト

どうでしょう!?

4人のハイレベルなブラジル人選手が揃う今シーズンの名古屋グランパスが、

どれほど驚異的かお分かりいただけましたでしょうか?

ヴィッセル神戸のイニエスタやビジャ、ポドルスキ、

そしてサガン鳥栖のトーレスといったビッグネームよりも知名度には欠けるかもしれませんが、

しっかりと目に見える結果を残しているのは名古屋グランパスの選手たちですよね。

他のクラブが大物選手を加入させただけの状態に、

今のところなってしまっているのに対して、

名古屋グランパスは攻撃的サッカーを標榜する風間監督の戦術にマッチする選手を獲得したからこそ、

今シーズンは好調を維持できているのではないでしょうか。

彼らによほどのアクシデントがない限り、名古屋グランパスの快進撃は続くでしょう!

 

名古屋グランパスに立ちはだかる大きな壁を乗り越えろ!

 

そんな好調な名古屋グランパスですが、

今シーズン優勝を目指すには乗り越えなければならない壁があります。

第4節で敗れている相手、FC東京の事です。

今シーズンのFC東京は名古屋グランパス以上に好調で、なんと開幕から無敗を続けて首位に立っているのです。

(第12節終了時点)注目の17歳、久保建英がチームを牽引するFC東京は今シーズンの注目の的になっています。

その後を追う名古屋グランパスも負けてはいません。

先述のブラジル人選手たちの攻撃力は、FC東京以上と言えます。

また、名古屋グランパスにとって有利な点がひとつ。

久保建英は6月から始まるコパ・アメリカに出場する日本代表に選出され、

一時チームを離脱する事が濃厚なのです。

もちろんFC東京が好調な理由が久保建英の活躍だけではありませんが、

不在となれば大きな戦力ダウンとなることは必至。

一方の名古屋グランパスのブラジル人選手たちは、シーズン通してチームを離れる可能性は低いです。

仮にアクシデント等で多少の離脱があっても、チームを牽引する選手が4人もいる訳ですから、

大きく戦力が落ちるという事は考えづらいでしょう。

つまり、シーズン通して好調を維持できるのは名古屋グランパスの方だと思うのです。

風間監督のサッカーがフィットした名古屋グランパス!あるぞJ1制覇!

 


参照元:Qoly

今シーズン、名古屋グランパスが優勝する可能性が充分にあると思いませんか!?

ここまで、ブラジル人選手たちの話を主にしてきましたが、日本人選手や他の外国人選手にも良い選手がたくさんいます。

風間監督の目指すサッカーを体現できる選手が揃っている。

このことから、チームとして好調を維持できているのだと考えられます。

また、風間監督のサッカーが攻撃的である事から、前線の選手たちが注目されがちですが、

ボランチのシミッチや米本拓司など、守備もできる選手が揃っていたり、

ランゲックというオーストラリア人ゴールキーパーの存在感があったり、

守備面の改善も今シーズンの名古屋グランパスが快進撃を続ける要因でしょう。

攻守両面において良い選手が揃い、チームとしてもバランスが取れている今シーズンの名古屋グランパスのサッカーは、

見ていてとても面白いです。久しぶりのJ1優勝という結果にも期待したいですね!




最新情報をチェックしよう!
>TKS63 Blog

TKS63 Blog

はてなブログのほうもやっています。日常のこと、車のこと、PCのこと、料理、家事などなど、幅広いジャンルを書いています。こちらのブログも宜しくお願いいたします。

CTR IMG