薄毛になるかどうかはシャンプーの仕方と選び方次第

シャンプーの役割ってなんなの?

そもそもシャンプーってなぜするのでしょうか?

それは頭皮の皮脂を洗い流すためと、髪の毛の汚れを落とすためです。

しかし、市販で手に入るシャンプーの中には

洗浄力が強いせいで、頭皮に受ける刺激が強いものがあります。

それなりに皮脂の出る方ならちょうどよいかもしれませんが、

生まれつき皮脂の少ない方の場合は、その刺激に

敏感に反応してしまうこともあるのです。

当然頭皮を刺激してしまうのは髪にとっても良くないことですよね。

ということで

今回は正しいシャンプーの選び方と洗い方についてご紹介しようと思います。

薄毛の原因はシャンプーにあり?

 

余分な皮脂を取り除く趣旨のシャンプーは近年沢山出てきました。

オイリー用、ドライ用など、メーカーによって2種類発売されていていたりしますよね。

しかし、ご存知の方も多いかもしれませんが、

皮脂というのはもともとなくてはならないものです。

外からの刺激を防いでくれる効果があり、手で少し頭皮を触っただけでも

それが刺激になり、炎症を起こす引き金にもなるといわれています。

 

特に気を付けたいのが以下の成分が入っているシャンプーです。

  • ラウレス硫酸Na
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸アンモニウム

 

これらはとても洗浄力が強いので、

皮脂が根こそぎとれてしまい頭皮に悪い影響を与えてしまいます。

薄毛の方は使用を避けて、某スカルプシャンプーなど、洗浄力の弱いものを選ぶと良いでしょう。

 

 

薄毛の方はシャンプーの仕方に注意!!

 

肝心なのはここからです。

シャンプーってほとんどの方は一日1回だと思います。

しかし、某サイトなどでは2回したほうが良いという間違った情報を

当たり前かのように発信しているから驚きです。

特に薄毛の方は2回もシャンプーをしてはいけません!!

なぜならそれだけ髪が抜け落ちるということ、前述したように頭皮の皮脂が取れすぎて

しまうからです。

 

一日に抜ける髪の本数は約100本と言われています。

しかも、その大半は実はシャンプーの時なんですよ。

つまり、2回もシャンプーをしてしまったら、本来その日抜けなかった髪まで

抜いてしまう可能性があるのです。

コツはゴシゴシと洗わず、かゆいところがあってもけっして爪でこすらずに

指の腹で円を描くようにしていくと、髪にも頭皮にも優しい洗い方になります。

 

そして、おすすめしたい洗い方は

シャンプーを泡立てた後に、しばらく放置して汚れを浮かします。

その間に体を洗うようにして、最後に頭をシャワーで流せば、

それだけでも頭皮の汚れがほとんど落ちているんですね。

つまり頭皮をほとんどこすらない、こすらず浮かせて流すという洗い方です。

おススメの洗い方ですので、思い立ったら是非実践してみてください。

 

 

薄毛の方にトリートメントは必要か?

 

髪に対してトリートメントは必要な方もいるでしょう。

しかし、薄毛の方にトリートメントは逆効果になりえます。

なぜなら、トリートメントというのは髪につけるものであって頭皮につけるものではないからです。

しかも専門家の話ではトリートメントは頭皮たいして良くないようで、

トリートメントによる頭皮トラブルも人によってはあるようです。

 

たまにつけるのは良いですが、

毎日はやめておきましょう。

 

 

シャンプーの仕方で髪を若返らせよう

シャンプーの仕方次第で薄毛が進行してしまうことがあります。

逆にいえば正しいシャンプーが出来ていれば、それだけでも

年を追うごとにアンチエイジングの効果も顕著に出てくると言えるでしょう。

頭皮は自分たちが思っているよりも敏感です。

ゴシゴシ洗わず、汚れを浮かしてとるくらいのイメージで

優しく扱うと、きっと髪にも良い影響がでてくると思います。

心当たりのある方、ふと思い立った方はぜひ自身のシャンプーの仕方を

見直してみてください。

数か月後、見違えるように元気な髪になっているかもしれませんよ!

 

 

 


最新情報をチェックしよう!
>TKS63 Blog

TKS63 Blog

はてなブログのほうもやっています。日常のこと、車のこと、PCのこと、料理、家事などなど、幅広いジャンルを書いています。こちらのブログも宜しくお願いいたします。

CTR IMG