トヨタ タンク (TOYOTA Tank) 2018年式 レビュー

2018年式 Toyota Tank レビュー

トヨタのタンク、2018年式 5人乗りのコンパクトトールワゴンです。

同じ型でルーミー(トヨタ)トール(ダイハツ)ジャスティ(SUBARU)

という4種が販売されており、

2016年11月の発売から約3年がたつ今でも、

高い人気があり、2018年の販売実績は約74,000台です。

私が買ったあとですが、2018年11月には特別仕様車が設定され、

歩行者も検知対象とする衝突回避支援ブレーキ機能が搭載されることとなり、

より安全性が高まっています。

 

トヨタのパッソに乗っていましたが、子どもが1歳を過ぎ、

これから出かける機会が増えることを考えて買い替えを検討していました。

当初、よりサイズが大きいシエンタエスクワイヤを勧められましたが、

自身があまり運転に自身がないこと、

また当時ペーパードライバーだった妻が主に運転することを考え、

もう少し小型の車種から選ぶことにしました。

あとは、予算的にちょうどよい枠内であったこと、

担当営業の方が親切に相談に乗ってくれたこと、から決めました。

 

ファーストインプレッション

天井が高くスペースが広いのに、小回りが利いて運転しやすい、というのが第一印象です。

ショッピングセンターや観光地など、慣れない駐車場所でも、駐車がしやすいです。

またカラーが14種類と豊富なので、

こだわりがある人でもきっとお気に入りの色が見つかります。

私は妻の意見でマゼンタベリーという他の車にはあまりない色のボディを選んだのですが、

意外とタンク(ルーミー)では人気があるのか、

街中でまったく同じ車を見かけることがよくあります。

妻の希望でもあったスライドドアやリアカメラ(駐車サポート)も非常に使いやすいです。

2018年11月更にグレードアップ

2018年11月に仕様変更がさらにグレードアップし、

2019年11月には安全性能がさらに向上する予定です。

目立った欠点はありませんが、やはり排気量は1,000㏄なので、

この車の改善点、というわけではないのですが、パワー不足は否めません。

長距離の移動や高速、坂道などでは少し運転のしづらさを感じると思います。

 

デザインと燃費はイマイチ??

また、外見には特徴もなく、見た目を気にする人にはあまり向いていないかもしれません。

しかしMODELLISTA(モデリスタ)もあるようですね。

あとは燃費が20㎞以上/リットルと書かれていますが、運転の仕方にもよるのでしょうが、

私の場合は12㎞程度にしかなっていません。

まだ1年半で約9,000㎞しか乗っていないので耐久性等はわかりませんが、

大きな不具合も起きていません

一つは、デザインよりも乗り心地や安全性を重視するファミリー層向けだと思います。

 

お値段は経済的

または、はじめて自分で買う人、にもおすすめできます。

この先はわかりませんが、乗り換えを考えている人にとっては、

値崩れがしづらいというのもメリットだと思います。

反対に、中古車でもあまり値下がりがしていないので、

せっかくであれば新車で購入をおすすめします。

金額的にも、よほどオプションで贅沢をしなければ総額で200万は超えないと思います。

 

以上、今回はToyota Tankのレビューをしてみました。




最新情報をチェックしよう!