これは知っておきたい!引っ越しの転出届と転入届

転出届について

引っ越しのときに忘れてはいけないのが、

転出届けを出すことです。

市町村が実施している行政サービスを受けるには、

その市町村に住民票がなければいけません。

住民票を引っ越し先に移すためには、転出届けによる手続きが必須です。

注意しなければいけないのが、

転出届けには届け出期限が設けられているということです。

引っ越しの14日前~引っ越し後の14日以内に手続きをする必要があるので、忘れずに行うようにしましょう。

手続きに当たっては新居の住所が決まっている必要があるので、

新居との契約が終わってから行うことが大切です。

手続きは今在住している市区町村役所で実施し、

手続きが終わると転出証明書が発行されます。

 

引っ越しする場所の市区町村役所で転入届の手続きを実施する際に、

この転出証明書が必要になります。

転出届けは、引っ越しをする本人あるいは世帯主、

委任状があれば代理人によって実施することができます。

手続きをする際には、書類なども用意しなければいけません。

パスポートや運転免許証などの身分を証明できるもの、

そして印鑑が必要となるのできちんと用意しておく必要があります。

転出届けと並行してそれ以外の手続きを済ませておくと、

負担が少なくなるのでおすすめです。

乳児医療や年金、子ども手当といった手続き、

そして健康保険証の返納などを済ませておけば、

役所に行く回数を減らすことができます。

引っ越しをするときにはいろいろな手続きが必要となりますが、

短期間の移動や単身赴任などの場合は必要ないこともあります。

また、住民基本台帳カードの交付が済んでいる場合も、特に必要ないとされています。

転入届について

 

引っ越しが済んだ後に行う手続きはいくつかありますが、その1つが転入届です。

住所が変わったことで転出届と合わせて用意すべきもので、

引っ越し後14日以内に転入届の手続きを済ませておくことになっています。

14日を経過してしまったとしても手続きはできますが、

裁判所から過料が請求されるので注意しなければいけません。

 

引っ越しはなにかと忙しいため、届出のことを忘れてしまいがちです。

ですが、届出期限が近づいてから焦らないように、

転入届は早急に手続きを済ませておくと安心です。

 

また、転入届は引っ越しの前に済ませておくことができないので、

必ず引っ越しが終わってから行う必要があります。

転入届は市区町村役所で手続きを実施しますが、

それを行えるのは本人か世帯主、あるいは代理人となっています。

手続きに際しては、印鑑や身分証明書、転出証明書けなどが必要となります。

 

転出証明書は転出届を出したときに渡されるので、

無くさないように気をつけましょう。

無くした場合は再発行することになりますが、

時間がかかってしまうので注意しましょう。

 

転入届を行うときには、他の手続きもまとめて済ませておくと安心です。

老人医療や乳児医療、子ども手当、国民健康保険、印鑑登録などの住所変更を済ませておく必要があるので、

一緒に手続きしておきましょう。

 

また、引っ越しが終わった後の手続きで住民票の提出を求められることがあるので、

転入届と一緒に発行してもらうと時間を節約できます。

 




スポンサー



スポンサー
最新情報をチェックしよう!
>TKS63 Blog

TKS63 Blog

はてなブログのほうもやっています。日常のこと、車のこと、PCのこと、料理、家事などなど、幅広いジャンルを書いています。こちらのブログも宜しくお願いいたします。

CTR IMG