今注目されつつある自動資産運用ウェルスナビとは何?

今注目されつつある自動資産運用ウェルスナビとは何なのか?

CMでも放映されるようになった自動運用サービスウェルスナビですが、一体どんなサービスなのでしょうか?

  • ウェルスナビでできること
  • どんな人がウェルスナビ向きなのか?
  • ウェルスナビのデメリットは?

このあたりの情報をまとめました。

 

ウェルスナビはお金を入れるだけで自動運用してくれる

ウェルスナビはお金を入れるだけで自動運用してくれるサービスです。

銘柄を自分で選んで投資するのが普通ですが、その銘柄選定の手間を排除してくれるのがウェルスナビ。

  • 投資に時間を掛けるのはめんどくさいけど、投資自体はしてみたい
  • 基本的にほったらかしにしたい

こんな人向けの投資です。

 

 

長期的に運用してプラスを生み出す仕組み

長期的に運用して、プラスを生み出すのがウェルスナビです。

現状世界経済は成長しており、今後も世界経済の発展が予想されています。

その世界経済に投資すれば、運用益が出せるというのがウェルスナビの考え方。

人口増加とともに成長する世界経済を見越して、投資していきます。

 

質問に答えるだけで運用

投資する前にやることは質問に答えることのみ。

  • 口座開設作業
  • 簡単な質問に答えるだけ

質問も数問しかなく。かなり簡単なものなので、投資へのハードルはかなり低いです。

こんなメリットがあるウェルスナビですが、デメリットはどこにあるのでしょうか?

 

ウェルスナビのデメリット

ウェルスナビのデメリットとしては

  • 自分で銘柄選定するより手数料が高くなる
  • マイナスになる可能性もある

この2つが主なデメリットです。

 

自分で投資した方が手数料は安い

ウェルスナビは投資する手間を省ける分だけ、手数料は高くなります。

  • 自分で投資信託に投資した場合:1%~1.5%ほど
  • ウェルスナビ:1%(条件次第で割引あり)

自分で投資すれば手数料が安くできますが、手数料の安い投資信託を選ばないといけません。

ウェルスナビよりも手数料が高い投資信託はありますので、銘柄を選ぶ能力が大事になってきます。

 

 

マイナスになる可能性もある

運用益がマイナスになる可能性もあります。

自動で運用してくれるとは言っても、投資をしているのには変わりないので、マイナスになる可能性はゼロではありません。

ウェルスナビは長期的な投資で、長期的にはプラスになる可能性が高いですが、マイナスになる可能性は当然あります。

 

 

老後資産を蓄えるための資産運用

ウェルスナビは長期間にわたって運用するものになるので、老後資産を蓄えるのが基本的な運用です。

  • 10年以上のスパンで運用する
  • 20年・30年でもよく、長期の方が運用の効果がある

という性質を持っています。

なので、すぐに使うお金を運用するのではなく、将来のために残しておきたいお金を運用するようにしましょう!

 

 

まとめ:今注目されつつある自動資産運用ウェルスナビとは一体何?

今回は自動資産運用ウェルスナビについて解説しました。

ウェルスナビは自動でできる資産運用ですが、デメリットもあります。

  • 自分で投資した方が手数料は安い
  • マイナスになる可能性はある

長期で自動運用したい人にとっては負担を減らせるサービスなので

興味がある方は公式サイトなどで、情報を集めてみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!