腰痛を感じたら放置せずに早めの治療をしたほうが良い?鍼灸院もおススメ

腰痛に悩まされる日々

腰が痛いので、日々腰に違和感を覚えていて、ふとした瞬間に激痛が走ることがあります。

同じ姿勢をしていると腰が痛くなるので、普段の職場での事務作業の際に、腰が痛くなってきます。

更に寝ている時も同じ姿勢なので、寝起きは必ず腰が痛い状態になります。

そして、腰に突然の動きを与えると痛みが起こるので、くしゃみをする度に腰が痛みます。

また、重いものを持ち上げたときに、腰にかなりの負担がかかり、

ぎっくり腰のような激痛が走ることがあります。

こうなると、5分から10分くらい激痛が続くので、

うずくまって痛みが治まるのをしばらく待たないといけない状態になります。

一番ひどかったのは、腰が痛い状態でサーフィンをしていると、腰に力が入らなくなり、

力を入れると痛む状態になり、小便を出すことができなくなりました。

 

もともと猫背だったので、姿勢をまっすぐするように意識し、歩いている時の姿勢や、

座っている時の姿勢をしっかり意識しています。寝るときは、伸ばし続けると固まるので、

横を向いて背中を曲げて腰に負担がかからないように寝ています。

腰痛を和らげるにはまず患部を温めることが大事

腰の痛みを和らげるためにお風呂にゆっくり浸かり、腰を温めて筋や筋肉を緩めるようにしています。

また、ストレッチ、柔軟をすることにより筋肉を伸ばして、固まった筋肉を柔らかくして行きます。

筋肉やツボを刺激するものを購入し、

時間を見つけて固まったであろう筋肉を押して、地道に筋肉をほぐしていきます。

また、寝る前にしっかり筋肉とツボを刺激し、緩んだ状態で寝るようにします。

鍼灸院に通うことにより、腰を揉んだり、電気を流すことにより筋肉を柔らかくしていきます。

 

いつもの姿勢にも気を遣うこと

背筋をしっかり伸ばした状態で行動することにより、腰への負担が減り、

痛みがさらに増えていくことが無くなりました。

寝ている時はまっすぐ伸ばした状態で寝ると、朝起きたときにかなり腰の筋肉が固まっていて痛みが走るので、

背中を丸めて寝ることによってその痛みが柔和されて、起きた時の苦痛が和らぎます。

 

効率よくツボを刺激するのも〇

筋肉やツボを刺激する道具により、筋肉がほぐれ、直後の痛みが和らぎます。

少しすると、また元の戻りますが、

隙間時間でしっかり刺激することにより徐々に柔らかくなり、痛みが柔和されます。

 

思い切って鍼灸院へ行ってみるのも〇

鍼灸院に通い、診てもらった直後は、痛みがかなり和らぎ、

腰の違和感が無くなった感覚になります。

翌日には、元の痛みと近い状態になりますが、少し良くなっています。

 

腰痛は放っておかずに対策を!

日々腰が痛くて、座っている時、歩いている時に違和感を感じている人は、

痛みを柔和させる行動をすることをお勧めします。

腰の痛みがひどくなると、くしゃみをするだけで腰に激痛が走るので、

腰の痛みを放置しないようにした方が良いです。

腰の痛みは対処しないとよくなることはなく、

日々着実に腰の痛さをより大きくしていくので、違和感を感じる人は対応すべきです。

 

鍼灸院に通い始めてから、身体の表面に近い部分の筋肉はすぐに柔らかくなりました。

更に身体の内側にある筋肉がかなり固まっていることが分かり、

集中的に固まった筋肉をめがけてほぐす治療をしてもらうと、日々の痛みが柔らかくなりました。

 


最新情報をチェックしよう!
>TKS63 Blog

TKS63 Blog

はてなブログのほうもやっています。日常のこと、車のこと、PCのこと、料理、家事などなど、幅広いジャンルを書いています。こちらのブログも宜しくお願いいたします。

CTR IMG